CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
かごしま動物愛護のつどい2013開催のお知らせ

下記の日時場所で里親探しの会を開催します。是非お越しくださいませ。
(里親探しに関するお問い合わせはわんにゃんハートまで)


◎開催日時

平成25年11月2日(土曜日) 10時30分から15時00分まで

◎開催場所

【県立吹上浜海浜公園(緑の学習園)】

吹上浜海浜公園内はペットの入園が禁止されていますが,当日のイベント会場内(チラシ裏に記載)にのみ入園が許可されています。

ペット同伴の場合は指定駐車場(チラシ裏に記載)に駐車してください。

◎入場料金

無料


詳しくは鹿児島県ホームページの「かごしま動物愛護のつどい2013」をご覧下さい。



 

| 動物愛護 | 02:28 | - | - | pookmark |
鹿児島市動物愛護フェスティバル開催のお知らせ
下記の日時場所で里親探しの会を開催します。是非お越しくださいませ。
(里親探しに関するお問い合わせはわんにゃんハートまで)

開催概要

● 日 時
平成25年11月10日(日曜日) 雨天決行 入場料無料 ペット同伴可
開場:午前10時〜午後15時まで
● 会 場
かごしま健康の森公園ファミリー広場
◇住 所:鹿児島市犬迫町825番地
◇駐車場:第2駐車場及び第3駐車場が近くて便利です。第1駐車場もご利用できます。
◇交通機関:鹿児島交通・健康の森公園線(鹿児島駅〜いづろ〜鹿児島中央駅〜かごしま健康の森公園)が、約1時間おきに運行されています。

詳しくは鹿児島市ホームページの動物愛護フェスティバルのページをご覧下さい。
| 動物愛護 | 00:57 | - | - | pookmark |
映画「ひまわりと子犬の7日間」
映画「ひまわりと子犬の7日間」(公式ホームページhttp://www.himawari-koinu.jp)が昨日より公開されています。
宮崎の動物管理事務所が舞台の話です。
環境省タイアップチラシも発行されています。
是非映画館に足をお運び下さい。

(環境省タイアップチラシ表)


(環境省タイアップチラシ裏)

(以下Google映画より)
動物管理所に保護された母犬と三匹の子犬。引き取り手がなく7日後には消されてしまう小さな命を前に、ひとりの管理所職員と彼の家族がとった勇気ある行動とは?宮崎県であった実話を基に、堺雅人、中谷美紀出演で描く感動作。山田洋次監督の下で助監督、脚本家として活動してきた平松恵美子監督が、宮崎の美しい自然と人間の絆の物語を綴る。
| 動物愛護 | 20:15 | - | - | pookmark |
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
6月1日施行なので、もう募集はないかと思っていたら、新しい案件で募集しています。

今回は、
「夜間展示は6月1日から禁止が確定しているのですが、
しかし、ねこが自由に移動できる状態で行う成猫の夜間展示の場合のみ、
夜間展示を24年6月1日から禁止するのではなく、26年5月31日までの経過措置期間を設けたらどうか」
という意見に賛成か反対か、を募集しているようです。

前回応募がかなりあり、かなりパブリックコメントが反映されたので、今回も、5月7日までと締め切りが迫っておりますが、別添え資料を精読の上、動物の環境をより良くするにはどうしたら良いか考えた上での意見の応募に是非ご協力お願いします!

以下環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15139)より抜粋

※※※

平成24年4月23日
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等の概要について、平成24年4月23日(月)から平成24年5月7日(月)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。
 平成24年1月20日に公布された「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成24年環境省令第1号)」等において、本年6月1日より販売業者、貸出業者及び展示業者が夜間(午後8時から午前8時までの間)に、犬又はねこの展示を行うこと等を禁止することとしたところです。
 今般、本規制のうち、ねこが自由に移動できる状態で行う成猫の展示について一定の経過措置規定を置くことを検討しています。
 本件について広く国民の皆様のご意見をお聞きするため、別添の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成24年4月23日(月)から平成24年5月7日(月)までの間、パブリックコメントを行います。

※※
意見募集要項(http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=19774&hou_id=15139)

【意見募集要領】

1.意見募集対象


動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)(別添資料)

2.募集期間

平成 24 年 4 月 23 日(月)〜平成 24 年 5 月 7 日(月)必着

3.意見の提出方法

意見は下記の様式により、次に掲げるいずれかの方法により提出してください。

電話での受付はできませんので予めご了承願います。

○電子メールの場合

アドレス aigo-seirei04@env.go.jp

○郵送の場合

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5 号館

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て

○FAX の場合

FAX 番号03-3581-3576

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て

[意見提出用紙]の様式

「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の 一部を改正する省令案等(概要)」に関する意見

○意見提出者名(企業・団体の場合は、会社名/部署名/担当者名):

○住所:〒

○連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:

○意見:



4.資料の入手方法

○ 環境省ホームページ( http://www.env.go.jp) のパブリックコメント欄 (http://www.env.go.jp/info/iken.html)を参照下さい。

○環境省自然環境局総務課動物愛護管理室の窓口に備付け

東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 中央合同庁舎5号館 26 階(公園側)


※※※※
(追記5月3日)
○6月1日の施行目前で、パブリックコメントを募集する理由も掲載されていました。
意見提出が30日未満の場合のその理由(環境省ホームページのリンク)



























| 動物愛護 | 00:15 | - | - | pookmark |
動物愛護に関する政令の一部改正を決定
以下「日テレニュース」(http://www.news24.jp/articles/2012/01/17/04198280.html)より転載

※※※※※

 政府は、17日の閣議で、動物愛護に関する政令の一部改正を決めた。一部の業者でトラブルが出ていることから、動物オークション事業者や老犬ホームの運営者などにも動物取扱業の登録を義務付ける。

 また、犬や猫が深夜の展示で大きなストレスを受けるとして、午後8時以降の販売を禁止する省令も今週末に公布される見込み。いずれも6月1日から施行される。
| 動物愛護 | 22:23 | - | - | pookmark |
パブリックコメントの締め切りが迫っております!
現在、環境省が、動物愛護法改正に関するパブリックコメントの募集を行っておりますが、締め切りが7日に迫っております。

8月のパブリックコメントに寄せられた意見によって、
「ペットの生後の販売禁止期間の設定」
「ペットをインターネット販売する際の現物確認や対面説明の義務づけ」
「ペットを午後8時以降に販売目的で店頭展示することの禁止」
等が改正案として提出されることになりました。

動物達の環境をより良くする為に、
是非ご協力お願い致します。

以下、環境省ホームページのパブリックコメント募集へのリンク

1.「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

2.「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

尚、FAXやメールで送る場合、
1と2は、それぞれFAX番号とメールアドレスが違いますので、ご注意ください。

宜しくお願い致します!




| 動物愛護 | 19:45 | - | - | pookmark |
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
8日に、「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」のパブコメ募集の記事を載せましたが、下記の案件も、同時募集中です。
メールアドレス、FAXの番号が先の案件と異なりますのでご注意ください。
動物の環境をより良くする為にご協力下さい。
※※※※※※※※※※
平成23年11月8日
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
 動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要について、平成23年11月8日(火)から平成23年12月7日(水)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。
(中略)
 今回、同小委員会においてまとめられた、「動物取扱業の適正化(案)」及び同案についてのパブリック・コメントを踏まえ、環境省では動物愛護管理法施行令等の一部を改正することを検討しています。本件について広く国民の皆様の御意見をお聞きするため、別添の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成23年11月8日(火)から平成23年12月7日(水)までの間、パブリックコメントを行います。

※※※※※※※※※※
【意見募集要領】 
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に関する御意見を募集いたしますので、御意見のある方は以下の要領に沿って御提出ください。 
1.意見募集対象 
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」 (添付資料) 
2.募集期間 
平成23年11月8日(火)〜平成23年12月7日(水)必着 
3.意見の提出方法 
下記[意見提出用紙]の様式により、郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で提出してください。 

郵送で送付される場合は、封筒等に「パブリックコメント在中」等とご記載願います。 

電子メールで送付される場合は、書式形式をテキスト形式としてください(添付ファイルによる御意見の提出は御遠慮願います)。 

同時に「動物愛護管理のあり方について(案)」のパブリックコメントを実施中ですが、1通のファクシミリ及び電子メールで本件及び「動物の愛護管理のあり方について(案)」 両方についてのパブリックコメントは原則受け付けられません。 

※ なお、 電話による御意見は受け付けておりませんので、 御承知置きください。 

[意見提出用紙]の様式 

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」 に関する意見 

1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件担当者氏名及び所属部署名) 

2.住所:〒 

3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス: 

4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください) 

4.意見提出先 

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1−2−2 

メールアドレス:aigo-seirei@env.go.jp 

FAX:03-3581−3575 

5.資料の入手方法
(1)電子政府の総合窓口(http://www.e-gov.go.jp/)のパブリックコメントのページを参照。 
(2) 環境省ホームページのパブリックコメント欄(http://env.go.jp/info/iken.html)を参照。
(3)窓口における配布:
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
(東京都千代田区霞が関1−2−2 中央合同庁舎第5号館26階) 

6.注意事項
(1)御意見に対する個別の回答はいたしかねますので御了承願います
(2)11 月 26 日は電気設備法定点検の影響により、ファクシミリの受信ができない時間帯がございますので御了承願います。また多数のご意見がファクシミリに寄せられることで回線が混み合うことがございます。そのため、ご意見を送信できない場合には、別の時間帯にお送りいただくか、郵送又は電子メールにて送付してください。
(3)本意見募集要領に即して記述されていない場合及び締切日までに到着しなかった場合は無効とさせていただきます。 
(4)頂いた御意見については、住所、個人名、電話番号、FAX 番号、電子メールアドレスを除き、公開される可能性がありますのであらかじめ御承知置きください。なお、御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。
(5) 御意見に附記された氏名、 連絡先等の個人情報につきましては適正に管理し、御意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本意見募集に関する業務にのみ利用させていただきます。
| 動物愛護 | 02:24 | - | - | pookmark |
「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

今日から2回目のパブコメの募集が始まりました。
1回目のパブコメの集計の結果、「ペットの子供の販売禁止期間の設定」「ペットをインターネット販売する際の現物確認や対面説明の義務づけ」「ペットを午後8時以降に販売目的で店頭展示することの禁止」等が改正案として提出されることになりました。
2回目も動物の環境をより良くする為にご協力下さい。

※※※※※※※※※※
以下環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14414)より抜粋

平成23年11月8日
「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

 現在、「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号、以下「動物愛護管理法」という。)」の見直しを行っています。それにあたって動物取扱業の適正化を除く動物愛護管理のあり方について、平成23年11月8日(火)から平成23年12月7日(水)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。
 動物愛護管理法は、昭和48年に制定され、その後平成11年、17年の2回改正されています。
(中略)
 今回、同小委員会において、「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」を取りまとめましたので、その内容について広く国民の皆様の御意見をお聞きするため、別添の意見募集要領のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成23年11月8日(火)から平成23年12月7日(水)までの間、パブリックコメントを行います。
 なお、本年8月に意見募集を行った「動物取扱業の適正化について(案)」についても、今般の取りまとめ案との関係で新たな御意見がありましたら御提出ください。


※※※※※※※※※※
別添の意見募集要項(http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=18545&hou_id=14414)

【意見募集要領】

「動物愛護管理のあり方について(案) (「動物取扱業の適正化」を除く) 」等に関する御意見を募集いたしますので、御意見のある方は以下の要領に沿って御提出ください。

1.意見募集対象(添付資料)
・「動物愛護管理のあり方について(案) (「動物取扱業の適正化」を除く) 」
・ 「動物取扱業の適正化について (案) 」 ( 「動物愛護管理のあり方について (案)
(「動物取扱業の適正化」を除く)」との関係で新たな意見がある場合)

2.募集期間
平成23年11月8日(火)〜平成23年12月7日(水)必着

3.意見の提出方法
下記[意見提出用紙]の様式により、郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で提出してください。

郵送で送付される場合は、封筒等に「パブリックコメント在中」等とご記載願います。

電子メールで送付される場合は、書式形式をテキスト形式としてください(添付ファイルによる御意見の提出は御遠慮願います)。

同時に「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」のパブリックコメントを実施中ですが、1通のファクシミリ及び電子メールで本件及び「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」両方についてのパブリックコメントは原則受け付けられません

※ なお、 電話による御意見は受け付けておりませんので、 御承知置きください。

[意見提出用紙]の様式

「動物愛護管理のあり方について(案) (「動物取扱業の適正化」を除く) 」 に関する意見

1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件担当者氏名及び所属部署名)

2.住所:〒

3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:

4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)


4.意見提出先

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1−2−2

メールアドレス:aigo-arikata@env.go.jp

FAX:03−3581−3576

5.資料の入手方法
(1)電子政府の総合窓口(http://www.e-gov.go.jp/)のパブリックコメントのページを参照。
(2) 環境省ホームページのパブリックコメント欄(http://env.go.jp/info/iken.html)を参照。
(3)窓口における配布:
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
(東京都千代田区霞が関1−2−2 中央合同庁舎第5号館26階)

6.注意事項
(1)御意見に対する個別の回答はいたしかねますので御了承願います。
(2)11 月 26 日は電気設備法定点検の影響により、ファクシミリの受信ができな い時間帯がございますので御了承願います。また多数のご意見がファクシミ リに寄せられることで回線が混み合うことがございます。そのため、ご意見 を送信できない場合には、別の時間帯にお送りいただくか、郵送又は電子メールにて送付してください。
(3)本意見募集要領に即して記述されていない場合及び締切日までに到着しなかった場合は無効とさせていただきます。
(4)頂いた御意見については、住所、個人名、電話番号、FAX 番号、電子メールアドレスを除き、公開される可能性がありますのであらかじめ御承知置きください。なお、御意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害するおそれがあると判断される場合には、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。
(5) 御意見に附記された氏名、 連絡先等の個人情報につきましては適正に管理し、御意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認といった、本意見募集に関する業務にのみ利用させていただきます。





| 動物愛護 | 22:49 | - | - | pookmark |
動物愛護法改正の経過報告
以下『時事ドットコム』より抜粋


犬や猫の夜間展示を禁止=来年6月から実施へ−環境省
 環境省は31日、犬や猫について、午後8時以降に販売目的で店頭展示することを禁止する方針を明らかにした。深夜にペットを売る店が増加する中、ペットに与えるストレスを減らすために規制が必要と判断した。動物愛護管理法の施行規則などを改正し、来年6月からの実施を目指す。
 ペットの適切な管理の在り方を議論している中央環境審議会(環境相の諮問機関)小委員会に、同省が示した。
 新たな規則では業者が販売目的に店舗内で犬、猫を展示することを午後8時から午前8時まで禁止し、その間は照明を弱めるなど、静かな環境で過ごせるよう配慮することを求める。(2011/10/31-19:18)

※※※※※※※※※

以下毎日jpより抜粋

<ペット>販売は生後何週間で 意見12万件超
毎日新聞 10月25日 20時2分配信
 犬や猫は生後何週間で販売できるか−−。こうした問題について環境省が公募した「パブリックコメント」の総数が12万1828件に上ったことが25日分かった。05年には、ブラックバスの一種を外来種に指定するかどうかで約11万件の意見が寄せられたが、それを上回る異例の多さという。

 同省は、来年の通常国会で動物愛護管理法の改正を目指しており、ペットがほえたりかんだりする「問題行動」を防ぐため、生後一定期間に達しない犬や猫の販売を禁止する内容を盛り込む予定だ。しかし、販売禁止期間をめぐって意見が分かれている。

 意見は▽ペット業界などが主張する「45日間」▽海外で主流の「56日(8週間)」▽それ以上(60日、70日など)▽業界の自主規制に任せる▽明確な基準のない現行のまま−−など複数の案を示した上で、7月下旬から約1カ月間、自由記述で募集した。

 意見を分類したところ、「56日」が4万3295件と最多で、理由は「欧米で主流だから」「8週未満で親から引き離すのは虐待」などだった。「(飼育期間が長いほど)ワクチンや餌などの経費が増える」との理由で「45日」を支持する意見は3万1408件。「現行のまま」も1万2500件あった。

 同省は意見を参考に、販売禁止期間を盛り込んだ改正案を近く、中央環境審議会小委員会に提示する。このほか、ペットをインターネット販売する際、現物確認や対面説明を義務づけたり、ペットを午後8時以降に販売目的で店頭展示することを禁止する内容も盛り込む。【江口一】
| 動物愛護 | 04:00 | - | - | pookmark |
動物取扱業適正化についてのパブリックコメントの締め切りが、いよいよ今日です!
8月8日に、8月25日に掲載しましたが、動物愛護管理法に関する、パブリックコメントの締め切りが、いよいよ今日ですので、もう一度掲載します!

5年に1度のチャンスです!
動物達の環境をより良くする為に、
是非宜しくお願いします!
◯ファックス、メールならまだ間に合います!
◯全項目について賛成反対のコメントを書かなくとも大丈夫です。1項目だけでもいいのでコメント送付をお願いいたします!


以下環境省ホームページhttp://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069より抜粋

※※※※※※※※※※※※※※

【意見募集要領】
「動物取扱業の適正化について(案)」に関する御意見を募集いたしますので、 御意見のある方は以下の要領に沿って御提出ください。

1.意見募集対象 「動物取扱業の適正化について(案)」(添付資料)

2.募集期間 平成23年7月28日(木)~平成23年8月27日(土)必着

3.意見の提出方法
下記[意見提出用紙]の様式により、郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で提出してください。
電子メールで送付される場合は、ファイル形式をテキスト形式としてください
(添付ファイルによる御意見の提出は御遠慮願います)。


[意見提出用紙]の様式

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見
1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件 担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください



4.意見提出先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

メールアドレス:shizen-some@env.go.jp

FAX:03-3508-9278


| 動物愛護 | 02:05 | - | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>